プロ講師養成プログラム

プロ講師養成セミナーのエッセンス

プロ講師といっても、講演講師、研修講師、ワークショップのファシリテーター、パソコンのインストラクター、大学、専門学校、予備校、塾などの講師、文化教室の講師、スポーツのトレーナーまで、実にさまざま!
 
そして、それぞれの講師に求められる主な機能(役割)は、少しずつ異なります。

たとえば、講演講師や教育機関の講師には「講義」の機能、ワークショップのファシリテーターには「プロセス促進」の機能、パソコンのインストラクターには「手順説明」の機能、スポーツのインストラクターなどには「訓練」の機能といった具合です。
 
そこで、プロ講師養成スクールでは、これらの機能を5つに分類し、それぞれの活躍のステージにふさわしい機能を強化する「講師としてのキャリアデザイン」をサポートしています。

随時開催のプロ講師養成セミナーのほか、講師としてのキャリアデザインを独習で行える、DVD「プロ講師養成スクール ベーシックコース」もご活用いただけます。

プロ講師養成セミナーの開催実績

プロ講師養成スクール ベーシックコース

講師基礎力を点検しながら、プロ講師としてのドメイン(差別的領域)を探り、活躍のステージを得るためのキャリアデザインを支援します。プレゼンテーション研修のベテラン講師がデモンストレーションの講評に加わります。

プログラム詳細
090414basic-hp-dr.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 251.4 KB

※プロ講師の皆さまの活動支援のツールとして、DVD「プロ講師養成スクール ベーシックコース」もご提供しています。職場やご自宅で、DVD付録のワークシートを書き進めながら、プロ講師としての強みを知り、ドメイン(活躍の領域)をお探しいただくことができます。

プロ講師養成スクール アドヴァンスコース

プロ講師としてデヴューしたり、新しい分野やクライアントへアプローチしたりするための強化トレーニングです。「本物の講師」としての魅力あるデモンストレーションをめざします。エージェントのオーディション対策にも最適です。ベーシックコース修了後に、ご参加願います。

 

講師をする人のセミナーファシリテーション 

ファシリテーションといっても、会議や問題解決のファシリテーションからワークショップのファシリテーションまで。それぞれに求められるセオリーとテクニックは、微妙に異なります。本セミナーでは、学習目標を達成し人材を育成するためファシリテーションをトレーニングします。

 

講師をする人のセミナープレゼンテーション

プロ講師には、知識や情報を効果的に伝えるためのコンピテンシーが強く求められます。当スクールでは講師だけを対象にしたプレゼンテーションセミナーを企画いたしました。この分野で活躍し続けるベテラン講師のプログラムとテクニックを提供します。

 

プログラム詳細
0810presentation-hp-dr.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 263.6 KB

質問力を強化する! 講師をする人のセミナーコミュニケーション

ひとりひとりに焦点をあて、個々の事情と現状をふまえて成長を支援することが、育成の本質です。プロ講師として学習者ひとりひとりと向き合い支援をするために、コミュ二ケーションの基本を見つめ直し、学習を深めるための効果的な質問のテクニックを学びます。

 

講師をする人のセミナープログラム設計

優れたセミナープログラムが設計できれば、プロ講師としての価値が高まります。60~90分の講義はもとより、1日から数日にわたるセミナーや研修、ワークショップまで。学習目標を達成し、主催者や対象者のニーズを満たすセミナープログラム設計の勘所を学びます。

 

プロ講師のためのメンタルフットネス

プロ講師は世代、立場、性別を超えて、多様な学習者に向き合わなければなりません。本セミナーではセルフマネジメント、学習者の見立て方、質問の扱い方、対決の仕方などを学び、様々な葛藤に振り回されないメンタルタフネスを培います。